So-net無料ブログ作成

渇すれども盗泉の水を飲まず(食らわず) [水の格言・ことわざ]



渇すれども盗泉の水を飲まず(食らわず)
(かっすれどもとうせんのみずをのまず)

いくら苦しく困っていても、不正、不義に汚れることを嫌い、身を慎むこと。
故事:中国の孔子が「盗泉」という所を通った時、のどが渇いていたが、その地名の悪さを嫌ってそこの水を飲まなかった。




箱買い!安さ人気飲料水
アクエリアス
伊右衛門
ボルヴィック
六甲のおいしい水
爽健美茶
南アルプスの天然水
綾鷹
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。